スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランの旅立ち 

4月6日の午前4時、ラン姉さんが旅立っていきました。

20歳と10ヶ月でした。

2011-4-11-1


1ヶ月ぐらい前から 「あれ???」 と思うことが増え、

最後の1週間ぐらいからほとんど食べなくなりました。

そして、最期はねえちゃんに看取られて眠るように。。。



「20歳を過ぎてもまだまだ元気♪

 ランはサイボーグや。( ^▽^)」


といつも思っていたので、なかなか気持ちの整理がつかないでいました。

満開の桜を見ても何も感じないここ数日でした。



まだ家の中には、ランの匂いがあります。

ふと、ランの気配を感じることがあります。

庭に出る扉が、ランが出入りしたあとのように15cmぐらい開いていたり。


49日までは2つの世界を行ったりきたりしていると聞いたことがありますが、

まだ、ちょこちょこと戻ってきてくれているような気がします。



ランは本当にいいネコでした。

かわいいし、毛もフワフワ。

体も丈夫だし、トイレの失敗などもほとんどなし!

それに、なんといっても性格が穏やかで優しいんですよ♪

ネコが怒ったときに発する 「フ~ッ」 とか 「シャ~ッ」 って声を

ランからは全く聞いたことがありません。


本当にほんとうにいい子でした。

これは家族の誰もが口を揃えて言うことなんですよね。



贅沢かも知れないけど・・・、

もう少し長く一緒にいたかったな。



ランちゃん、この20年以上の間、

私達家族を癒してくれて本当にありがとうね。

向こうの世界に行ったら、ミッキーやペイちゃんと会えるよね。

そしたらまた、3匹で一緒にご飯を食べたりできるのかな。





-------------------------

これからしばらくの間、ランの思い出話にお付き合いくださいね。

多分、数日に渡る長い話になると思います。

なにせ、ほぼ21年の長い期間ですから。。。(;^∀^)




スポンサーサイト

Comments

お見事です

ラン姐さん現世での修業を終えて旅立たれましたか?
それにしても20年と10ヶ月!…
ペットの鏡です。本当にお見事です。
心よりご冥福をお祈りいたします。
ルビたん、淋しいだろうけど元気出してね‼

思わず、泣けてきました。。
でも、ほんとに大好きな家族に看取られながら旅立ったのですね。
20歳近くになっても天井近くまで駆け上がってたランちゃん。
ルビーちゃんとの2ショットがほほえましくて、一度抱っこしたかったです。
ここまで長生き出来たのは、ほんとにいい家族の中でかわいがられて、幸せにすごせたんだと思います。
虹の橋を渡るってよく聞きます。
書いているように49日までは行ったり来たりなのかなぁ。。
虹の橋を渡った後は、虹の橋のたもとで、他の動物たちと仲良く走り回って過ごしてるとか、、このずっと先でもご主人様が来ると真っ先に見つけに行って迎えるという話を聞きました。
ペットを飼ってると宿命かもしれないけど、なかなか受け入れられないと思うけど、ずっと忘れず、また生まれ変わって、どこかで出会えるかもしれませんね。

どんどん、ラン姉さんの思い出話聞かせて下さいね。

  • [2011/04/12 10:12]
  • URL |
  • おりょう
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ラン姐さんのご冥福をお祈りいたします。
数年前に旅立った我が家の猫も20年以上いましたので、いなくなって暫くは夜中に足音が聞こえたり、気配を感じたりしました。
そして「飼い主が、もう一人でも大丈夫」と確認して、徐々に気配を消して行った様な気がします。
ラン姐さんも、ルビちゃんとご家族を心配して見回ってるんじゃありませんか?
思い出話を聞かせて下さいね。

ランちゃんのご冥福をお祈りいたします。
20歳10か月。やはりランちゃんはすごいです!にゃんこの師匠です!
ルビちゃんと一緒にいるランちゃんとってもかわいかったな~。
5年前にお星様になった我が家のワンもしばらくは気配ありました。首輪のカチャカチャ音がしたり、においがしたり。
きっとまだお家の中パトロールしたりルビちゃんとお昼寝したりしてるんじゃないのかな?
ランちゃんの思い出話聞かせて下さいね。

たか母さまへ

正直なところ、私も「見事な最期だわ。」と感じました。
最後の日まで、トイレは庭でしていたんですよ。
さすがにヨロヨロとしていたので、私達が体を支えてあげないといけませんでしたが、
寝たままになることはありませんでした。

家族に覚悟をさせてくれる時間もくれたし、一番かわいがっていたねえちゃんの足元で逝きましたしね。

それでも、「寝たきりでもいいから、もう少しいて欲しかった。」という気持ちが強いです。

おりょうさんへ

ほんと、一度おりょうさんにランを抱っこしてもらいたかったわ~~。
ふわふわで本当にかわいかったんよ~。
「まだまだ大丈夫♪」と思っていたので、間に合わないでごめんなさいね。

虹の橋の向こうには、今までの我が家のワン達やニャン達がいっぱいいます。
私が向こうに行ったときは、ドドド~~ッて大群で迎えにきてくれるのかな。
めっちゃ楽しみです。(>▽<;;

つやえさんへ

つやえさんちのニャンコちゃんも長生きだったんですよね~~。
以前にその話をきいて、「ウチも頑張ろう!」と思っていました。
でも、目標の23歳!には到達できませんでしたよぉ。。。q(T▽Tq)

さっきもパソコンをしていると、ふっとランの匂いがしました。
「元気にしてるかニャ?」と見に来てくれているんでしょうね。
あまりランに心配をかけたらダメですね。

たろとらさんへ

本当に自由に生活していたランなので、
家の中だけじゃなく、屋根の上も機嫌よく走り回っているような気がします。

ただ、向こうの世界にはランが大好きだった先代犬達がいるので、ぼちぼち向かっているかな?

ランの思い出話は多分長いですよ~~。
思い出しながら更新していきますので、気長に見てやってくださいね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kaoruby.blog50.fc2.com/tb.php/603-e0446c40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。